友好提携が実るまで
(03/12 神戸の貿易・外交)
将来、インドの窓口が神戸市となるためには、今が辛抱の時期だと、大井議員・山下議員と語り合ったのは…駐日インド大使が市会を表敬訪問をして下さった、3月8日。

生憎金曜日の9時半から10時で、市長は公務で不在。だが、嬉しいことに、「お会いできないなら…」と言って、議会にと配慮して下さった。そこで、市会の北山議長に平野副議長と、「日印友好神戸市会議員連盟」会長の私、安井に、同副会長の大井議員と同事務局長の山下議員でお迎えした。さらに、神戸市国際課から3人と、市会事務局から4人。まさに、議会挙げての歓迎だった。
インド側は、サンジェイ・クマール・ヴァルマ駐日インド大使と、B. シャム在大阪・インド総領事。それに、私たちの大切な総領事秘書(通訳)の
前[P.1/3]
Prev:準備は着々。けれど…
Next:励みになる、影の頑張り
HOME