準備は着々。けれど…
(03/08 神戸のイベント)
岸和田は、市が一体となって日本中に売れている。だのに、神戸で、市民が立ち上がってやろうとする歴史上な記念すべき行事に…市民参画局から何の問い合わせもないのは、どうしたことか。
それは、5月1日の奉祝だんじり曳行について。こちらから声を掛けないのが、失礼だとでも思っているのだろうか。それにしては、新しい事 … 自転車ロードレース等には、盛んにリップサービスされている。
なぜ、神戸市の文化と伝統を守り教育にも役に立つ行事には、関心がないのだろう。というのも、この行事には、市も県も後援のお墨付きを下さっている。大きな後ろ盾となっている区役所も、ご協力いただいている。だのに、だ。
協議は、最終的ともいえる段階にあり、3月7日に東灘警察で行われた朝9時半からの協議では、三百年>
前[P.1/4]
Prev:神戸に俳優養成機関を
Next:友好提携が実るまで
HOME