思いをいだいて
(01/17 震災・天災・防災)
ボランティアをネタに売り込む人や、目立ちたがり屋の人もいる。だが…そんな人ばかりではない、それを知っているのは、とあるボランティアのカタを存じ上げているからだ。
今年も、1月17日午前5時46分が巡ってきた。24年間、私はこの時を決して忘れないし、忘れられない。当日、にわか救援隊をつくり、何人も救出し、そして、何人が私の手に抱かれて亡くなっていったか…。
現場からの報告は誰にも負けないと思うが、そんな事を語る気にもなれない程、悲惨だった。今はただ静かに、この日を受け入れている。

そんな私は例年、東灘区住吉、住之江地区の慰霊祭に静かに参加していて、もう永年になる。この地では、42人が犠牲になられた。この地の区長が岩本 徹さんになって>
前[P.1/3]
Prev:団結・助け合いが医療の安全に
Next:真面目な人が迷惑している
HOME