ワンストップ行政の、一歩
(01/04 神戸市について)
かゆい所に手が届く行政ができるのには、行政の円熟味を感じるし、市長の姿勢が感じられて、嬉しい。それは…新年にもかかわらずこんなネタを書かねばならないのが本当に恐縮なのだが、「おくやみコーナー」の設置についてだ。
ところで、先ずは「新年、あけましておめでとうございます」。年末年始は本当に多忙で、ブログも更新できず。我ながら、恥ずかしく思っている。その上、おくやみコーナー。だが、内容は良いことなので、どうぞご安心いただきた。
身近な人が亡くなられた後の手続きは、故人のそれぞれ、個々に必要な手続きが異なり、中には複雑なものも含まれる。自ずと、ご遺族の大きな負担となっていた。そこで、神戸市は政令都市で初めて、東灘区、北・西区役所での「おくやみコーナー」の設置を、昨?>
前[P.1/2]
Prev:市がドロをかぶらないのは、無責任
Next:市場にとって重要な年
HOME