インドに柿はないけれど
(10/29 神戸の貿易・外交)
アーメダバードとの提携がただの提携締結だけにとどまらず、必ず実績が上がるように議連として頑張ろうと、大井議員と固い握手をして終えたのは…B.シャム在大阪・神戸インド総領事が神戸市を視察された、24日のこと。
先日神戸市に就任挨拶に来られた、日本に来てわずか3ヵ月のB.シャム総領事に、神戸市についてのご理解とアーメダバード市の関係にかんがみ、一日神戸視察をご提案申し上げたところ、ご家族も一緒で神戸を学びたいと仰るので、ご案内申し上げたのだ。
行き先は、神戸港と、神戸の農業。そして、カワサキワールドだ。
神戸港は、友好関係提携の成立に向けて、神戸の力を知っておいていただきたいという思いから。
農業は、神戸市長が「親善もいいが、何かはっきりした目的を持った提携にして欲し?>
前[P.1/5]
Prev:仕事のできる人
Next:金と権力と欲望から離れた世界
HOME