仕事のできる人
(10/26 神戸の貿易・外交)
あれは、安井・山下コンビの初仕事が見えて来た一時だった。インド、グジャラート州産業開発公社の…タラ副総裁兼社長が、神戸市と日印友好神戸市会議員連盟を表敬訪問された。
面談は、10月22日月曜日の午後2時から2時半にかけて。市側として岡口副市長と山村市長室長に、植松国際部長。議会からは、安井・大井・山下の三議員。訪問団はタラ副総裁を始め、JETROからの2人を含め、8人。1号館14階の第4応接室で和やかに進んだ。
話の核は、アーメダバードの一角の広大な土地に造成された産業団地についての、企業誘致の相談だった。
そこで私は…
「今、日本の企業は脱中国をはかっているが、インドへ向かうにはいろいろな不安がある。一方、日本人は政治家を信用しないが、役所は信用する。だから、市役所を通して集?>
前[P.1/4]
Prev:人類のための神戸市に
Next:インドに柿はないけれど
HOME