人類のための神戸市に
(10/23 医療産業都市)
いつか必ず、人類のための神戸市になっていて欲しいと、心から願ったのは、私にとって感慨深い日となった、本庶佑先生ノーベル生理学・医学賞受賞記念神戸国際創薬シンポジウムとそのレセプションが催された、10月19日の金曜日。
23年前の阪神淡路大震災の後、神戸の主力産業である川崎重工業や三菱重工業、神戸製鋼等が、その工場を他所へ移転し始めた。そんな時、ある大商社から、今こそ神戸百年の大計と153万人口を維持するための新しい産業として、「医療」を「産業」にする知恵を頂いた。早速、当時、仲良くしていた4人の市会議員とともに当時の笹山市長に働きかけ、アメリカのGEメディカルを神戸市のポートアイランドに誘致すべく、市長は幾度となく渡米。私もその一人に加わって、多くを学んだ。
その後、医師?>
前[P.1/3]
Prev:日韓は絶対に仲良くすべき
Next:仕事のできる人
HOME