八百年欅物語
(09/25 神戸の文化・スポーツ)
幸せだったのは、なおらいで、美味しい小芋の煮込みと、青年会の方々が前日から煮付けたおでんをお腹いっぱいいただいたから…だけではない。もっと大きな、嬉しい事があったから。
東灘区本山北畑神社の秋の大祭にご招待いただいたのは、9月22日の土曜日。お声がけが有り難く、出向いて行ったら、北畑神社の御守りを頂いた。それはなんと、地域の人々の為に、当地のあの樹齢八百年の欅(けやき)の残木で約500個制作された、その一つだった。

皆様に、八百年欅(けやき)のモニュメントに倒木を輪切りにして現地と北畑会館内の二箇所での展示と、こうした御守りをと提案申し上げ、地元の方々もまたそう考えておら?>
前[P.1/3]
Prev:仁術の医師
Next:ツケを婦人会に回すな
HOME