仁術の医師
(09/11 神戸市の医療・保健)
台風21号が人々の生活を乱し、市民に恐怖を与えた9月4日。走らせた車で、多くの医院の前を通ったが、閉まっていた。鉄道は止まり、スーパーマーケットもコンビニも…百貨店も、閉店。暴風と高潮で、神戸市じゅうが大変なことになっていた。
そんな中、私の耳の薬が一日しか持たなかった。お世話になっている御影郡家の耳鼻咽喉科、岡野安雅先生にメールで「開院してますか?」と尋ねると、開院しているとの返信。諦めていただけに、「皆さんのために、ありがとう」と返信した。

そうは言っても、午前中から午後にかけては越多忙で行けず。やっと午後5時になって行きつくと、きっちりと開院しておられた。患者さんは私の前に御一人で、私と二人。あんな時なのに、看護師さん?>
前[P.1/4]
Prev:「川で言うなら河川敷」だと!?
Next:八百年欅物語
HOME