地域の、まとまりの力
(09/07 神戸市東灘区)
これからの細部の話し合いもうまく行きますようにと、北畑の神社に参拝しようとも思っているのは…北畑保久良山頂のトイレの一件。
区役所側の、?野区長・大藪総務部長・岡本地域支援担当課長・岡田地域支援担当係長と担当松田さんに、建設局森林整備事務所の道木所長に対して、北畑側の区民は、宗田さん・副田さん・中西さんに安井と足立。計11人が、8月17日の10時30分、東灘区長室に重要案件で集合していた。
問題の案件は、トイレの維持管理について。そこは、約15年前に安井と故 大野市議(当時)が、地域の人々や、登山会の人々から相談を受け、当局のお蔭もさることながら、皆で造ったものだった。水道代他管理費が年間約30万円程かかるが、それは、地域が持つ事になっていた。
ところが、10年程前から地域で維持?>
前[P.1/5]
Prev:言葉に出る「思い」や「心」を
Next:「川で言うなら河川敷」だと!?
HOME