人柄を偲ぶ
(08/08 私事)
わずか3分のスピーチが、20分のお坊さんの説教より心を打ったのは…大阪市阿倍野区やすらぎ天空間で行われた、故廣岡 倭さんの「お別れ会」。
廣岡さんは7月1日に亡くなられ、三木のお寺で密葬された。私も知らなかったが、藤岡さんに、日曜日、8月5日の午後1時半からだと教えて頂き、必ず出席すると決めた。地域の文化とコミュニティに本当に貢献して頂いたし、私もお世話になった、良い方だったからだ。

会場あたりの地理に不案内だったので、早すぎたら現地でコーヒーでもと思って御影を11時30分に出たら、12時15分に着いた。何と、まだ1時間30分もある。
すると、「安井先生!」と声が。何と、東光商会の志水利達さんが、運転手付きのレクサスから声を掛けて下さっていた。志水さ?>
前[P.1/3]
Prev:理解を得るための努力を
Next:虐待から守る条例を
HOME