理解を得るための努力を
(08/03 市会報告)
市民を守るため努力して下さっている局もあるというのにと、帰宅の足取りも重くなったのは…7月末に開催された、文教こども委員会と、外郭団体に関する特別委員会の後だ。
30日月曜日を文字通りのブルー・マンデーにしてくれた同委員会では、例の垂水区の中学生のいじめ自殺の問題で質疑。メモの隠蔽に関しては、前校長と福田氏の共同作業で、教育委員会は関与していないとも言えないが、しているという証拠はないとして、委員会においても解明できなかった。やはり、二人の作業だったのかも知れない。

しかし、辛うじて私の質問中、「報告書の文面から、教育委員会はこの件(メモの隠蔽)に関しては、共同責任はある、との理解でいいのか」と質したところ、弁護士から「その?>
前[P.1/3]
Prev:大雨と台風の深い爪痕
Next:人柄を偲ぶ
HOME