だんじりで祝う、日本の節目
(06/08 だんじり)
次の世代を継ぐ後輩たちのために、正攻法でやらねばならない ── そう、襟を正したのは…新天皇のご即位と新元号の制定を祝う、奉祝だんじり巡行委員会 立ち上げの会で。
去る5月20日の日曜日午後6時に始まった同会の司会進行は、住吉山田地区の廣岡さん。だんじり仲間の信望が厚く、今回の事もいろいろな方が彼に相談に行き、気運が高まった。彼は謙虚に、「地元から声が上がって…」と淡々と説明。彼らしく、サラッと始められた。

▲ 四人の代表
だんじりを持つ東灘区33地区から、代表4人と役員等約130人が集まった中で、各地の代表で広瀬さん、竹田さん、松田さん、高嶋さん等が代表となった。その代表者の話し合いの中、一般財団法人住吉学園の理事?>
前[P.1/4]
Prev:事実の究明と対策を
Next:難病の方々のために
HOME