事実の究明と対策を
(06/04 神戸の教育について)
いじめは罪深く恥ずかしいことだと、共通の認識を全生徒が持つよう対策をしなければ…そう思っているのは、垂水区の中学校での女子生徒のいじめによる自殺について、無いとされていた6人の同級生が語った内容のメモが発見された、その一件があるからだ。
これまでの経緯について、2人の弁護士によって解明されることになり、6月3日に記者発表されたのだが、私は、それについて知らなかった。当日は多忙で、携帯電話もマナーモードにしていたのだ。
ふと気づくと、何回もの同じ電話番号からの着信記録があった。夜6時35分に自宅から電話すると、教育委員会だった。今から、その調査報告書をお届けするという。勿論、私は見たかったが時間が遅いし、気の毒なので、明日の朝にしようかと言ったが、職員の方は「今から?>
前[P.1/5]
Prev:重度障碍児(者)と健常者
Next:だんじりで祝う、日本の節目
HOME