祭りは民でやるべきだ
(05/08 だんじり)
私は、東灘区民は、民による本当のだんじり祭りを求めているのだと信じている。実際、区民の皆さんが…だんじりをいい方向に押し上げておられる。それが如実に感じられたのが、今年のだんじりだ。
毎年の事だが、この5月3日も、平野のだんじりに台乗りを許されて、御影のパレードに参加する。今年も、和田さんを正面に、右手に保元さん、左手に私、安井で、だんじり広場前でだんじり囃子に乗って、勇壮な舞を披露した。

今年も、例年並みの人々が集った。だんじりの上からは、意外なほど群衆の人々の顔がよく見える。知人が大勢いらして、手を振って下さるのは、嬉しいものだ。その中でも、いつも感心するのが、元区長の谷口区長が群衆の中程で見学しておられる、元の区役?>
前[P.1/3]
Prev:地域を知る市長に
Next:渦が森の活性化に捧げられた命
HOME