保育所というオアシス
(03/27 市議ライフ徒然)
生臭い資本主義の考え方がはびこる中にあって、最も大切な事を学ばせて下さった先輩に…心から御礼を申し上げたい ── そう思ったのは、「神戸ゆたか園」という保育所の開設内覧会。
株式会社赤富士不動産が神戸市中央区栄町6丁目に開設されたもので、あかふじ米で知られる株式会社神明の藤尾益也会長は、私の大学の怖くて優しく素敵な先輩で、前々からよく存じ上げており、皆さんから敬愛されている方である。

その先輩のお嬢さんが、運営部長としてこの園を運営されるというので、3月25日朝10時からとご案内を頂戴した内覧会に真っ先に駆け付けたのだが、なんと矢田立郎前市長と共に一番乗り。早速、上田亜也子運営部長から説明を受け、前市長と共にその話しに感動した?>
前[P.1/4]
Prev:嘉納治五郎先生の信念を
Next:地方自治に議員として携わった人生の、マイルストーン
HOME