嘉納治五郎先生の信念を
(03/16 神戸の文化・スポーツ)
私は、こんな立派な行事が市民に共有されていないのを、心から残念だと感じた。スポーツ担当局には、これから先は…もっと力を入れてほしいと思う、その行事とは、自他共栄杯の柔道大会と、それにまつわる国際交流だ。
自他共栄杯の柔道大会が、KOBE自他共栄CUP実行委員会(兵庫県学生柔道連盟)の主催で神戸グリーンアリーナ会場で行われたのは、3月8日 木曜日から12日 月曜日にかけて。

前にも書いたが、甲南大学柔道部の指導者の山崎先生がリードされるこの大会はすでに14回を数えており、今や伝統の大会になりつつある。それに伴って、世界の嘉納治五郎先生が神戸御影で誕生された事や、先生が平和を愛する国際人でおられた事から、今回はカナダから柔道をしている小中高生15人を招?>
前[P.1/4]
Prev:自民党の強さ
Next:保育所というオアシス
HOME