自他共栄杯にちなんで御影公会堂で交流試合実現
(02/13 神戸の文化・スポーツ)
御影公会堂から、嘉納治五郎先生の精神が日本中に、そして世界に広まって行ってほしい。そんな願いの叶う一歩について…東灘区役所から嬉しい報告があった。
3月10日(土曜日)に、「御影公会堂で」カナダ・神戸御影柔道国際交流が行われることになったのだ。

これは、神戸の御影が生んだ世界の嘉納治五郎先生の教えでもある「自他共栄」を祈念して行われてきているものであり、「学生達の柔道大学も指導して下さる、甲南大学柔道部の山崎俊輔顧問のお陰です」と、走り回った裏方、東灘区役所の浅野幸継係長が熱意一杯で報告してくれた。
浅野係長は、なんとかこの自他共栄杯の試合の優勝戦だけでもできないかと、この交流を支えておられるお一?>
前[P.1/2]
Prev:ひと味違う新年会
Next:その時、彼は境内を歩いていた
HOME