体育課の大手柄
(11/24 神戸の文化・スポーツ)
御影の住民も区民も皆、神戸市教育委員会体育課に感謝していることがある。それは…御影公会堂の嘉納治五郎資料室にまつわること。
高嶋良平さんと私は、この資料室を息子のように育て、嘉納治五郎の発信基地にしたいと頑張っている、そんな中、大切な嘉納治五郎関係資料が姫路の武道館に保管されているとの情報があり、私が体育課に、「できれば御影公会堂に譲り受けるか、せめてお貸し頂ければ、大切に保管して、世界の人々に紹介したいが」と願ったのは、今年の7月だ。
それから4か月。ここのところ多忙で難しい案件が多い中にあって、水面下でいろいろな人と交渉を重ねられた神戸市教育委員会体育課から、吉報が届いた。御影公会堂で保管又は融通受けするように決定したというのである。
かくてこの度、御影?>
前[P.1/3]
Prev:ご子息も肉料理から
Next:東部市場について考えた日
HOME