神戸のさらなる国際化へ
(11/07 神戸の貿易・外交)
選挙に没頭していた後、すぐ公務出張で、インドへ。陰には井戸知事の大変な配慮があって、おおよその形ができたのは…グジャラート州の首都ともいえる、アーメダバード市との友好関係締結だ。
それは、今年、兵庫県知事と安倍総理とインドのモディ首相の立ち合いで、インドのグジャラート州と兵庫県が友好関係を締結したのによるもので、調印について、アーメダバード市を公式訪問したのだ。
神戸市から、岡口副市長と私に、日印友好神戸市会議員連盟事務局長の山下議員。それに、神戸インド人を代表して、トラバリー御夫婦とシャー御夫婦ら、8人の訪問団となった。10月29日、井戸知事を代表とする代表団とともに旅だったが、それには、この際、兵庫県とグジャラート州の経済的な交流も始めようという目的もあった。>
前[P.1/3]
Prev:市民を守る責任感を
Next:ご子息も肉料理から
HOME