高齢化する地区の、足の解決策
(10/05 交通問題)
かつて、その住宅団地は、みなと総局が開発した。いつまでも責任を持って対処されるみなと総局には、敬意を払いたい。その住宅団地とは…渦森台。対処とは、「渦森台乗合タクシーの導入に向けた体験利用の実施テスト」だ。
みなと総局が実施テストをしたいというのは、坂が多く不便な団地内の交通。決められたタクシーが、決められた回数、決められたタクシー乗り場を廻って、タクシーに乗り合って利便性を高めようというアイデアのもとに、社会実験に踏み切ったのだ。その料金、わずか100円。
私は、賛成している。このテストの意味は、今後のタクシー業界の一つの選択であり、住宅団地の住民が高齢化するにあたっての、足の解決策の一つであると考えるからだ。やがて、このシステムは団地内だけでなく、最寄の…?>
前[P.1/3]
Prev:警察と子供達をつなぐ大会
Next:市民を守る責任感を
HOME