神戸市を動かしてくださる婦人会
(08/08 神戸の文化・スポーツ)
かつての宮崎市長時代、下水の完備のために婦人会はすすんで市債を買って、神戸市に貢献された。それ以来…神戸市にとって婦人会は、なくてはならない団体になったのだ。それだけに、勉強もしておられるのだが、そんな神戸市婦人団体協議会の主催による民謡のつどいが、8月3日に神戸国際会館で行われた。
神戸市中の55団体がそれぞれ地区の工夫の中で練習を重ね、晴のこの日のステージを迎えられるのだが、私の事務所の足立真澄ボランティアにも、よく「踊りの練習があるから」と言われては、車でうはらホールや魚崎会館に送迎して来た。そうした日々の総決算でもある。
足立は2番目の出演と聞いていたが、11時ぎりぎりに飛び込んで、なんとか間に合った。題目は、「新しい風」。30人の女性が見事に踊って下さり、美しい我が足立も正面のやや左側で、笑顔で踊っていた。いつもの顔ではない。きっと、今日出演している方々はとても楽しいのだと思った。
なにしろ、神戸国際会館のホールが満杯になるのだから、日本人は踊りが好きというより、こういったことが団結につながり、神戸市を動かして下さっているのだろう。
勉強もさることながら、このように日々、諸々の活動を通じて団結をはかっておられるのだと、心から感心したのだった。
Prev:事故を起こさないようにしなければ
Next:安全な水道確保の為に
HOME